カテゴリー: 未分類 (page 2 of 2)

家庭菜園でエコ

みなさんは、グリーンカーテンと言う言葉をご存知でしょうか?
ゴーヤなどは、つる性の野菜を育てていると、もくもくと一面におい茂って、建物へ入る日差しをさえぎってくれます。
こうすると、室内の冷房効果が上がるのでエコだと言われています。
そう考えると家庭菜園はエコロジーでもあるのですね。

つる性の野菜は、きゅうりとか、へちまとか、身近な野菜です。
初心者も比較的、失敗せずに育てることが出来る家庭菜園です。

我が家も夏が近づくと、ゴーヤを植えます。
1階にあるリビングの外壁を覆うように、植えています。
私もまだまだ初心者ではありますが、ゴーヤは去年もちゃんと収穫できましたよ。
スーパーで購入したらゴーヤ1本あたり、100円から200円くらいですかね?
と言うことは、100円ショップで種を購入したら、1個収穫したら元を取れるという計算になります。
苗も100円くらいするので、100円ショップで種を買って、5本、6本、発芽したら、苗の段階でも元が取れているということになりますよね。
もちろん、収穫もきっと何十本もあるでしょうから、元が取れる以上に得をすることになります。

ゴーヤのグリーンカーテンは、家の壁を夏の暑い日ざしから、守ってくれますから、室内の冷房の効きを良くしてくれます。
この時点でもう冷房にかかるお金が少し節約できていると思いますよ。
更にゴーヤを購入することもなくなりますから、食費も浮きますよね。
ゴーヤチャンプルだけでなく、ゴーヤのいろいろな料理を覚えて夏を乗り切ってくださいね。

さて次は、
場所によっては3月頃から始められますが、私の所では5月の連休中から始める方が多いです。

ですからまだ気温が低いので苗の育ちが遅いから、畑にビニールハウスを作って育てます。
ホームセンターに行くとロールに巻いた薄いビニールシートが売っていますからそれを使用して、
風で飛ばない様に、両端や中をブロックやレンガで補強すれば完成です。

家庭菜園の人気その2

もちろん、水やりのほかにもある程度の手入れは必要です。
不要な枝を落とすくらいの手入れくらいでしょう。
ですが、手間をかけて育てた野菜はとても可愛いものです。
種から発芽するときなど、とてもキュートですよ。

私は以前、レタスを種から育てたことがあるのですが、あのレタスも発芽したときは可愛い双葉なのです。
間引きするのが可愛そうなくらい、とても可愛い双葉でした。
私もそのころは家庭菜園の初心者でした。
ですから、芽が出たときは本当に感動しましたよ。

家庭菜園の初心者は、このように、まず、育てる楽しさを目の当たりにすると思います。
例えば、お子さんと一緒に世話をしたら、お子さんの野菜嫌いが治ったという話もあります。
トマトが嫌いだったお子さんが、自分で育てたトマトを食べて、それから苦手を克服したと言うような話は良くあります。
親子のコミュニケーションと、食育も兼ねて、小さいお子さんのいらっしゃるおうちは、一緒に家庭菜園を楽しんではいかがでしょうか?

こうやって、花が咲いて、実がなると言うことを実体験で学べるわけですからね。
最近の子供はスーパーに並んだ野菜しか知らないようですが、それでは悲しいです。
育てる楽しさ、また、それを食べる楽しさ、親子で学んで行けると良いですね。

また、最近、食の安全について問題視されていますよね。
いろいろな事件もテレビでやっています。
偽造事件もたびたび起こっているようです。
ですから、生産者の顔が見えるような野菜を、好んで購入している人が増えています。

さて次は、
畑の耕とうね作りです。クワで土を砕いたり耕したりします。
これは結構きつい仕事ですが、美味しい野菜ができて食べられると思えば楽しみが増えます。

それと家庭菜園で一番大切なことは、無農薬で育てると言う最大のビジョンがあります。
農薬や除草剤を使用したのでは、スーパーでお買い物するのと変わりないですからね。

かわいい自分の子供に無農薬野菜を食べさせましょう、きっと美味しいと言って野菜きらいも治ってくると思いますよ。

それでは肥料として、牛糞や鶏糞と一緒に化成肥料を混ぜてうねを作る中に撒きます。
終了したら、その上に土を盛りうねを作れば完成です。

家庭菜園の人気

みなさんは、おうちで何か野菜を育てていますか?
一戸建てに住んでいる人は、お庭があるでしょうから、簡単な野菜を植えている人も多いかもしれませんね。
マンションにお住まいの方は、ベランダ菜園を作っている人が多いと思います。
狭くても少しのスペースがあれば、プランターが置けますからね。
初心者の方が、野菜づくりをスタートする場合、いきなり畑を持つことを考えたら、難しいかと思いますが、家庭菜園なら趣味として出来ますよね。

家庭菜園というものは、趣味としては、とても素敵ですよね。
まず、食費が浮きますからね。
主婦の中で、家計費、食費を浮かせるために野菜を育てている人もいるくらいです。
初心者でも安心して育てられるような野菜なら、どんどん収穫できますし、それほど手間もかからないでしょう。
枯らさないように、お水やりだけ忘れないようにすれば良いでしょう。

また、家庭菜園をスタートさせるためにかかる費用も、最近ではとても安くなっています。
野菜の苗も、ホームセンターで売られているものは、80円とか、100円とか、それくらいで手に入ります。
種を買えば、もっと安くなりますね。
苗が一個、80円としたら、100円ショップで種を買って、種から育てれば、苗が沢山出来るわけですから。
また、鉢やプランターも100円ショップで購入できますから、スタートする際にかかる費用はそれほど高くありません。
一度、初期投資してしまえば、あとは収穫を待つばかりですからね。

春になったら、畑作りを始めてみましょう。

庭の片隅に畑を作れそうな場所があったら、最初は草取りからスタートです。

その次に、石灰(ホームセンターから購入)を撒きます。これは雨が酸性なので土も酸性になっていますから、野菜の育ちが悪くなるので中性~弱アルカリ性にするものです。

石灰は雨で少しづつ溶けていくので畑作りの最初に撒くだけでOKですよ。